Q.放送作家の必須道具を教えてください!

A.スマホとパソコンです。私が業界に入った18年前は、まだ手書きの作家さんもいましたが今はあり得ません。台本や資料はMicrosoftの「Word」、先方に提出する企画書は「PowerPoint」で作ります。それしか使っちゃダメ!というわけではありませんが、台本などは様々な人の手に渡る可能性があるので「(ファイルが)開けない!」ということがないよう、素直にメジャーなソフトを使いましょう。

PDF形式ではダメ。先方で加筆や改稿ができるように(編集可能な)ワードやパワポの状態で送ってください。「PDFじゃないと文字のフォントが変わっちゃうんですぅ〜」とか言う奴は、「うるせぇ!!だったら誰が開いても同じく表示される一般的なフォントを使えばいいだろ!」と怒られるくらい、制作の人というのは常に忙しくてイライラしています。無駄に煩わせないように。

ちなみに私は、台本を書くときだけパソコン(MacBook)を使います。企画書や資料作りは完全に外注しているので、仕事の大半はスマホでやっていることになります。オファーをいただくのもスケジュール調整も、簡単な打ち合わせであればLINEのやりとりで出来ます。今は、新番組が立ち上がるとLINEグループが作られ、みんなで情報をやりとりするのがスタンダードです。

私も若い頃は、スタバでMacを開いてカチャカチャと「やってます感」を出していたりしましたよ笑。実際はあれ、あんまり集中できないし効率が悪い。会議によって(ブレストの時など)は、パソコンすら持っていきません。パソコンを開きながら会議って(画面の情報がミスリードになって)、いいアイデアが出なかったりするんですよね。私だけですかね?

放送作家・細田哲也

※メールやコメントでもご質問を受け付けています、お気軽にお寄せください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です